姿勢の悪さと血圧の高さは関係があるのか?

姿勢が悪いというのは、血圧管理の面からもよいこととは言えません。
なぜなら、姿勢の悪さと血圧にはそれなりに関連性があるからです。

 

骨盤のゆがみによる血圧への影響

姿勢が悪い人というのは、その多くが「骨盤のゆがみ問題」を抱えています。

 

そして、この骨盤のゆがみこそが、血圧を高めてしまう大きな要因のひとつとなります。

 

骨盤は、人間の体のほぼ中心にあり、「体全体のバランスを整える芯」のような役割を果たしています。
しかし、骨盤がゆがむと、この「芯」がずれたり、骨盤が支えるべき内臓が本来の位置よりも下がってしまうなどして血管が圧迫され、特に下半身の血流に大きな悪影響を与えます。

 

圧迫等により血流が悪くなると、通常の血圧では下半身のすみずみまで血流を行き渡らせることができにくくなるため、「血圧を上げてすみずみまで血流が行き渡るように対処しよう」というメカニズムが働いてしまい、血圧上昇につながってしまうのです。

 

「床に脚を揃えてのばして、部屋の隅から隅までお尻歩きをする」ということをするだけでも、骨盤矯正効果は出てきますので、ぜひやってみましょう。

 

猫背による血圧への影響

「猫背」も姿勢の悪さの象徴ですが、こちらは特に脳への血流への影響が大きいです。
猫背特有の「前のめり・肩が内側に入る」という姿勢は、首の向きにも影響を与え、首にある「椎骨動脈」が圧迫されてしまいやすいのです。

 

椎骨動脈は、脳に酸素と栄養を送るための主要動脈ですから、ここが圧迫されてしまうと、「今の血圧では脳に酸素と栄養が十分に行き渡らないので、脳を守ろうとして血圧を上げるメカニズムが働いてしまうんですよ。

 

そんな猫背を改善するためには、日常生活で背筋を伸ばすことを意識することが大切ですが、もっと手っ取り早い方法としては、市販の姿勢矯正ベルトを使うのがおすすめです。

 

矯正ベルトを使えば、物理的に肩がぐいっと広げられますので、体が「猫背ではない、正しい姿勢」を自然と覚えこむのにうってつけなのです。
慣れないうちは矯正がきついと感じるので、最初は短時間の使用でもかまいません。
毎日続けて少しずつ慣れていけば、矯正の効果もしっかりと出てくるはずですよ。

姿勢が悪い人は血圧が上がりやすい!姿勢と高血圧について関連ページ

無呼吸症状による血圧問題
睡眠不足と高血圧
便秘と高血圧の関係
薄毛と高血圧について
目と血圧の関係とは
page top