血圧を上げないための入浴法

「お風呂」といえば、リラックスできて非常に健康的なもののように思えますが、高血圧の人にとっては危険なこともあります。

 

なぜかというと、お風呂には血圧を上昇させる要素がいくつかあるからです。

 

高温のお湯は血圧を上昇させる

 

「熱いお湯に入って、く〜っと熱さをガマンしながら入浴するのが最高」と考えている人は、今すぐその入浴習慣を改めましょう。

 

なぜかというと、熱いお湯につかると交感神経が強烈に刺激され、一気に血管が収縮して、血圧が上昇してしまうからです。
理想的なお湯の温度は38〜40℃程度。それではぬるくて物足りない、という場合も、最初はぬるめのお湯に入ってから、追い炊きをかけて少しだけお湯の温度を上げるようにするといいでしょう。

 

ただし、お湯の温度を上げるとしても、41℃まででストップしておきましょう。それ以上高い温度だと、血栓を作りやすくしてしまうのです。
特にお湯の温度43℃までになると、「死亡の可能性がもっとも高い温度」になってしまいますので、ここまで上げるのは絶対にやめましょう。

 

寒い季節のヒートショックにご注意

 

お湯の温度を38〜40℃の適温にしていても、冬場などの寒い季節は、それだけでは安心できません。
なぜなら、脱衣所や浴室と浴槽の温度差が激しい状況だと、その温度差で一気に血管が収縮して血圧が上がる「ヒートショック」が起こる可能性があるからです。

 

具体的にいうと、脱衣所や浴室と、浴槽の温度差が20℃以上あるとまずいですね。つまりお湯の温度を40℃と考えた場合、脱衣所や浴室の室温が20℃以上であれば心配ないのですが、それ以下の室温だと、服を脱いだ時点で、寒さによる血管収縮が多少なりとも起こる可能性がありますし、さらにお湯に入った際、また大きな温度差で血圧が上がるという、ダブルの血圧ショックを受けてしまいます。

 

このヒートショックを防ぐには、浴槽のふたを開けて浴室に暖かい湯気を充満させておくこと、脱衣所も暖房器具などでしっかりと温めた状態にしてから服を脱ぐことが大切です。

 

一番風呂は高血圧の大敵

 

一番風呂は清潔で気持ちいい、と好む人が多いですが、高血圧にとっては一番風呂も「危険因子」となります。
一番風呂の場合は浴室等もちゃんと温まっていないのでヒートショックが起こりやすいだけでなく、水道水の塩素の刺激がさらに血圧上昇をさせてしまいやすいのです。

 

ですから一番風呂を避けるか、あるいは入浴剤等でしっかりと塩素の中和をした上で、脱衣所・浴室と浴槽の温度差にも気をつけるようにしましょう。

page top