高血圧が引き起こす怖ろしい病気

何らかの病気が原因で血圧が上昇するのは二次性高血圧ですが、では「特定の病気そのものが原因とならない、大半の高血圧は、病気とは無縁なのか」というと、けっしてそうではありません。

 

高血圧そのものが、病気を引き起こす原因となってしまうこともあるのです。

 

高血圧が招く、動脈硬化

 

高血圧になると、動脈硬化になるリスクが飛躍的に上がってしまいます。
なぜかというと、高血圧であるということは、常に血管の中に高い圧力がかかっているということ。

 

たとえば、動脈硬化の中でももっとも多い「細動脈硬化」は、血管の中に高い圧力がかかり続けた際、細い動脈はその圧力から血管を守るためにと、血管の中の膜を硬く、厚くしてしまうことが発生の引き金となります。こうなると、それこそホースの出口を指で押さえた時のように、血管内の血液の通り道が細くなってしまいます。そしてますます血管内にかかる圧力が高くなり、悪循環が続いてしまうわけです。

 

さらに、膜を不自然に厚く、そして硬くした動脈は弾力を失ってもろくなり、ちょっとしたきっかけで破れてしまいやすくなるのです。

 

動脈硬化はこの他にも、血管内の細胞が傷つくことによって発生した白血球がコレステロールを取り込んで「お粥のようなドロッとした状態」で血管の中に溜めてしまい、これによって血管内を狭くしてさらなる高血圧を誘発する「粥状動脈硬化」や、血管の膜にカルシウムが溜まってもろくなり、破れやすくなる「中膜硬化」などといった種類があります。

 

高血圧が引き起こす怖ろしい病気とは

 

さて、高血圧によって動脈硬化が進行すると、どんな病気になってしまうのかというと。
代表的なものとして挙げられるのは、脳出血・脳梗塞・心筋梗塞・狭心症・大動脈瘤などです。

 

さらに高血圧は血管そのものだけではなく、血液のポンプ役である心臓にも大きな負担をかけますので、これが原因で心肥大・心不全などを招いてしまうこともあります。

 

こうして見ると、高血圧が引き金となる病気は、どれもこれも、命にかかわりかねない重大な病気だということが分かりますね。

 

高血圧は、サイレントキラー(沈黙の殺し屋)

 

高血圧の怖ろしいところは、高血圧である「だけ」なら、血圧測定でもしない限りほとんど自覚症状がない、ということ。
しかし確実に動脈などには悪影響を与え続けているので、「どれだけ早めに高血圧を自覚し、改善のために努力するか」が非常に重要になってくるのです。

 

血圧測定をせず高血圧の自覚がないままだったり、あるいはたとえ自覚があっても「高血圧なんて大したことない」と放置しておくと、いきなり取り返しのつかない症状が出てしまうこともあります。高血圧は「サイレントキラー(沈黙の殺し屋)」とも呼ばれているほどに怖ろしい存在であり、放置しておいて良いことは何ひとつない、ということを理解しておきましょう。

page top